上武絹の道

詳細情報

  1. トップ
  2. 詳細情報

img

img

img

img

img

伊勢崎神社のプロペラ

13世紀に、この地の鎮守神として建てられたとされる伊勢崎神社。大正15年(1926)の稲荷神社の合祀までは「飯福神社」と呼ばれていました。一間社流造(いっけんしゃながれづくり)の本殿は嘉永元年(1848)の建築とされ、手の込んだ彫りの深い彫刻が随所にみられます。
戦前、伊勢崎には中島飛行場(現・富士重工業)の工場があり、戦勝祈願や航空安全を願い、飛行機のプロペラが奉納され、いまも拝殿正面に掲げられています。

施設情報

所在地

群馬県伊勢崎市本町21-1【google mapで見る

前のページに戻る
PAGE TOP ▲