特集記事観光情報

木村 九蔵/関連人物

2019.05.28 | 競進社模範蚕室

上州高山村(現、群馬県藤岡市高山)の養蚕農家高山家に生まれ、武州新宿村(埼玉県神川町新宿)の木村家の養子となる。
幼い頃から兄の長五郎(世界遺産「高山社跡」の高山社を設立)とともに養蚕に興味を持ち、炭火と換気によって蚕室の温度・湿度を調節する養蚕法「一派温暖育」を確立。
九蔵が興した養蚕結社「競進社」は、蚕業教育の一大拠点として発展。
大正初期には全国30か所以上の支部(伝習施設)、社員登録3万人あまりを数えたという。競進社の模範蚕室が本庄市児玉地区に現存しており、一般公開されている。